ヘッチョル!? ~FXリスク図書館~

リスク研究~FXでのリスクとリターンについての考察日誌~


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『FXトレーダーの大冒険』に学ぶ、トレード数

どうもです。

みなさんは、何足を使ってトレードを組み立ててしますか。

基本的に見る足が短期のものであれば、
トレード数は多いと思います。

だから、

ポジポジ病の人は、今自分が見ているチャートよりも
長い時間足チャートを見ればいいと思います。

眺める時間足を長期に変えるだけで、
冷静にトレード出来るようになりました。

例えば、5分足とか15分足だけしか見ないと
焦ってトレードすることになりかねません(ちょっと昔の自分)。

4時間足とかも利用するようになってからは、
たとえ損切りになっても、
自分が納得出来るトレードが出来るようになって来た感じです。

その理由は、リスク・リワード比率もきちんと計算できるからです。


そうすると、次第にチャートを
チャンスが現れるまで、冷静に見続けることが出来ます。


自分は、ここでポジポジ病を克服するには、
リスク・リワード・レシオで考え自分にエッジのあるところで
きちんとエントリー出来たかどうか。

このことを毎回、自分で確認出来るかどうかだと思います。

リスク・リワード・レシオで考える
オススメの口座はフォレックス・ドットコムです。

成り行きでエントリーしても
ポップアップでOCO決済の画面が出てきて

嫌でもリスク・リワード比率を計算する事になる。

それだけでなく、チャート上に、エントリー&OCOラインが表示されるから
その計算がチャート上から導き出されたものか、
もしくは、自分の欲望から導き出されたものかが
ビジュアルで確認出来る。

2ヶ月使い続けていますが滑らないし、
発注も速いし、使いやすい口座です。
スプレッドも狭いと言えるでしょう。


参考までですが、
通貨の両建ては出来ないので気をつけて下さい。
つまり、一部決済で対応する事になるで。

一部決済の仕方は、自分の建てているポジションの
反対のポジションを一部建てればいいだけです。

ただ、チャートは少し見辛いからしれないから、
その辺は、自分でカスタマイズしてみてチョ。


トレードに勝つためには、

自分が使っているシステムが
トータルで勝てるなら、機械的に従うだけです。
トレードは楽しいものではなく、
仕事と同じような感覚で繰り返すだけ…。


ちなみに、資金の25%が削られると
残りの75%の全ても失う確率が高いそうです。

冒険には危険なことが多いってことだなぁ~。

もし、トレード資金の25%以上失っている人は、
熱くならないで、冷静に自分のトレードの検証をした方がいいと思うよ。






      旨い酒より、素晴しい書籍で酔いしれよう。

今回の参考書籍は↓です。

FXトレーダーの大冒険 トレーディングの心理と知識と正しい行動を学ぶ


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーサイト

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
自己紹介

花のヘッチョル


2012年現在のデータ
・FX裁量トレーダー
・リスク資産運用額300~500万
・趣味:読書(学んだ事を実践してみて、理論やアイデアが使えるものか検証してみる事)。

 

トレード構成で参考になった書籍
●約定力1位●

FOREX Trader
大幅な為替変動でも殆ど滑らない、数少ない業者のひとつ。
ブログランキング
ブログ為替レート

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。