ヘッチョル!? ~FXリスク図書館~

リスク研究~FXでのリスクとリターンについての考察日誌~


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『FXトレーダーの大冒険』から学ぶ、

どうもです。

先週末からの大波に乗れてますか?

また、思惑とは逆へ行ってしまった人は、
きちんと損切りできてますか?

波に乗り損ねても、生きてさえいれば、
いずれチャンスはやってきます。

古くからある統計によると

「9割のトレーダーが最初の1年以内に破産する」


との事です。

ちなみに、ヘッチョルも2ヶ月くらいで
一番最初は破産してしまいました。<涙

最近、自分の仕掛けるポイントまで
チャートを見れるようになってきたと感じています。

「なった」ではなく、まだ「なってきた」です。

損切りラインと利確ラインを頭の中に描けるように
なってきました。

しつこいようですが、ここも「なってきた」です。

まだ、何となく、フラフラッ~「ポチ」っとやって
しまうことがあります。

そんな場合は、大抵、損切りラインにヒットで、
無意味なトレードをしてしまった…と後悔することになります。

でも、トレード日誌(ノート)を書くようになってからは、
きちんと反省もするようになり、そんなトレードの数は減ってきています。

ヘッチョルも少しずつではありますが、
成長してきています(自分で言うか!笑)。

ここで、トレードの意味について再確認しておきたいと思います。

 トレードは退屈でダラダラと長引くことがある。だがトレードとはお金を稼ぐことであって、楽しむことではない。またトレードとはお金を稼ぐことであって、正しくあろうをしたり賢くあることではない。さらに、トレードとは取引をすることですらないのだ。トレードとは、われわれが望む自由を手に入れるためにお金を稼ぐことにすぎない。
 この自由を手に入れて初めて、楽しみが生まれる。自由は結果として手に入るものだ。努力、自制心、集中力――これらはすべて手段である。下手で使い古された決まり文句のように聞こえるが、それが真実であることに変わりはない。その真実を見失い、自分が天才トレーダーかのような気になり始めると、人は失敗してしまう。
_____マクスウェル・フォックス



自分の事を天才とは思わないのですが、
上手くいったトレードの後に、調子こいてトレードすると
失敗することの方が圧倒的に多いです。

ホットな心とクールな頭でレッツゴー!!

ばーいっ!



参考書籍は↓です。


FXトレーダーの大冒険 トレーディングの心理と知識と正しい行動を学ぶ




      素晴しい酒より、素晴しい書籍で酔いしれよう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



Comments


« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
自己紹介

花のヘッチョル


2012年現在のデータ
・FX裁量トレーダー
・リスク資産運用額300~500万
・趣味:読書(学んだ事を実践してみて、理論やアイデアが使えるものか検証してみる事)。

 

トレード構成で参考になった書籍
●約定力1位●

FOREX Trader
大幅な為替変動でも殆ど滑らない、数少ない業者のひとつ。
ブログランキング
ブログ為替レート

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。