ヘッチョル!? ~FXリスク図書館~

リスク研究~FXでのリスクとリターンについての考察日誌~


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ポジションサイジング入門』から学ぶ、ストレス管理

今回の参考書籍は↓です。

タープ博士のトレード学校 ポジションサイジング入門



どうもです。

みなさん、最近ストレス感じました?

毎日感じているよっ!という方も多いのではないでしょうか。

そんな方は、ストレス解消法をお持ちでしょうか?

うまく解消しないと、認知障害が起こるという事実がもあるそうです。


ストレスがかかると脳にアドレナリンとコルチゾールという物質が分泌されるそうです。

アドレナリンとコルチゾールが生命維持のために必要度が低い臓器の血液を減らして、血中の糖分とグリコーゲンのレベルを上げる。すると、筋肉に栄養が補給され、心拍数と呼吸が増えて身体機能が高まる。

原始時代の人間は、数多くの身体的脅威にさらされていたため、ストレス反応は短期的に身体的パフォーマンスを高めて、うまく戦ったり、危険な状態から逃げ出したりするためのものだった。

その代わり、戦略を深く考えられなくなるみたいです。
思考作業に欠陥が出るということ。

現代ではエアコンの効いた部屋で椅子に座っている。
ストレスを感じたからといって、上司を攻撃するわけにもいかないですよね…。笑

FXに関しても、マウスをクリックするだけの筋力があれば十分ですし、
損失が出たからといって、モニタ前から全速力で逃げても何も改善されないですよね。
まぁ、まぐれで、復活している可能性はありますが…笑

つまり、ストレスはFXの天敵じゃないですか!

損失が出て

熱くなってしまい

(普段ならエントリーしない位置で無理にトレードしたり)
オーバートレードで更に損失拡大

こんな経験ないですか。
 
あるとすれば、ストレス反応で冷静さを欠いていたからではないでしょうか。


アドバイスとしては、

心拍数を高めて、増加した血中の糖分とグリコーゲンを燃焼させるような高度な集中力を要する運動を何かひとつ見つけることだそうです。

このような運動をすると、肉体を精神の健康維持に役立つだけでなく、トレーディングに対する集中力も驚くほど高くなるそうです。







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Comments

 
こんばんは。

相互リンクをお誘いくださいましてありがとうございます。
リンクを張らせていただきましたので、お手すきの時にご確認ください。
コメント、ポチ友としてもお付き合いいただけると幸いです!!
これからもよろしくお願いします(^^)v応援ポチ4
Re: タイトルなし 
BBJさん、こんばんは。

早速、ありがとうございます。

こちらこそ、 末永くよろしくお願いします!
 
おはようございます。

昨日は動きが小さかったですね(^^;)
今日は、ユーロ円、ドル円にNR7発生です!!
大きく動いてくれそうな感じですね(^^)
今日から6月相場の開始です!!
今日もがんばっていきましょう(^^)v4
Re: タイトルなし 
BBJさんどうもです。

今日から6月スタートですね。

頑張っていきましょう!
 
おはようございます。

昨日は、まずまず動いてくれましたが、行って来いでしたね(^^;)
まだまだ、不安定な相場は続きそうですね・・・
少しは落ち着いて欲しいものです!!
今日もがんばっていきましょう(^^)v4
Re: タイトルなし 
おはようございます。

大きく動いた後は、チャンスがあるので、
いいリスク・リワード比率のところで仕掛けます。

分かっていても、辛抱強く待つのが、なかなか難しいものですね…。



« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
自己紹介

花のヘッチョル


2012年現在のデータ
・FX裁量トレーダー
・リスク資産運用額300~500万
・趣味:読書(学んだ事を実践してみて、理論やアイデアが使えるものか検証してみる事)。

 

トレード構成で参考になった書籍
●約定力1位●

FOREX Trader
大幅な為替変動でも殆ど滑らない、数少ない業者のひとつ。
ブログランキング
ブログ為替レート

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。